Top > 学資保険の必要性

学資保険の必要性

学資保険は子供の教育費のために加入する人が多いようですが、この学資保険は必ず必要なものでしょうか。ここでは学資保険の必要性について考えて見ましょう。
こどもの教育費は、小学校・中学校・高校そして大学までを考えた場合、実に1000万を超えるほどの大金となってきます。
一度のポンと出せるくらいなら、それほど考えなくてもいいのですが、多くの家庭においては、学資保険、あるいは子供の小さい頃から計画的にお金を貯めて、子供のための教育資金を作っていく必要が出てきます。
単に教育資金を貯めるだけなら学資保険でなくても、定期積金などを利用して貯金していくことで大丈夫なはずです。しかし、学資保険にはそれなりの加入の必要性があります。学資保険と貯金とでは同じ子供の教育資金を作るためのものではありますが、当然違いがあります。
その中でも一番大きな違いは、万が一の保障です。学資保険では、保険契約者に万が一の場合が起こったとしても、その時点で契約が終了ということはほとんどありません。
契約者に万が一のことが起こった場合、保険料の支払いは免除となり、満期金あるいは御祝い金などを受け取ることができるといった商品が多くなっています。
この点から学資保険の必要性が出てくるのではないでしょうか。

 

 エコ洗濯  メタボカバー術  デスクトップ整理術  リストラ護身術
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
学資保険の加入目的(2009年6月 5日)
学資保険の選び方(2009年6月 5日)
学資保険の特徴(2009年6月 5日)
学資保険の必要性(2009年6月 5日)
学資保険の満期保険金(2009年6月 5日)